ハンマー投げのフォームのポイント

ハンマー投げのフォームがしっかり出来ていますか?
サークル内でハンマーを回転させるて投げる競技なので、その際のスピードを高めることが求めれます。

 

 

その為、ハンマー投げのフォームでは遠心力がを得るための回転が一番のポイントになります。

 

 

投てき方向に背を向けている姿勢から、腕を振り上げて、頭の上で2〜3回ほどまわして回転に入る為のスイングをして勢いをつけます。
その後、左足に重心を乗せて、その足を軸にして回転していきます。

 

 

加速するほど遠心力も大きくなるので、ハンマーにもたれるようにして力のバランスを意識して行うことがコツです。
また、この時には腕はリラックスさせて余計な力を入れず、伸ばした状態で遠心力に身を任せておけば、リリースで自然とハンマーが手から離れていきます。

 

 

この時には、3〜4回転を終えてハンマーが体の真横にきたところで投てき方向に飛ばします。
目線は、少しハンマーの先を見たり、後ろからおいかけるなど選手によってやり方があり、明確な決まりはありません。
フォームが乱れない範囲で自分の一番投げやすい目線の位置を探すようにしましょう。

 

 

いずれにしても、ステップを含む回転動作をスムーズに行える技術と素早さが大事になるので、映像なら細かい部分のフォームが視覚的に頭に入り、間違えて覚えたりすることもないでしょう。